借金の悩み

借金の悩みは申し込みでも返済でも付きまとってくる厄介なもの

借金の返済が困難になった場合

債務整理というのは借金を返済することが困難になった方の解決方法の総称として使われるものであり、借金を背負ということはそれを返済する法的な勤務が発生することになるもので、この法的な義務のことを債務といます。

 

一般的には、クレジット会社や貸し金業者からの借り入れに対しての整理をすることが債務整理として主に行われるものになりますが、個人の間での金銭の貸し借りについても債務整理を行うことが可能です。

 

債務整理は任意整理、民事再生、特定調停、自己破産というような方法がありますが、それぞれで特徴が異なりますし、法的な知識がなければ簡単には進まないこともありますので、司法書士や弁護士に依頼することが通常です。こういった法律の専門家に依頼をすることで、借金の取り立てを止めることができます。

 

何故取り立てが止まるのかというと、司法書士や弁護士は依頼を受けた段階で債権者に対して受任通知書というものを発送します。これは司法書士や弁護士が債務者に代わり債権者とのやりとりをするという内容のものであり、これを無視して債務者に対しての金銭の督促をすることは禁じられています。

 

返済が困難になり、滞納しがちになっている場合、督促が止まるだけでも精神的に楽になると考えられます。そのためまずは法律の専門家に相談することが良いです。

返せないと分かったら早めに解決すべきですので、切羽詰ってヤミ金融被害にあわないためにもすぐに相談をして下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ